中国に住んでいてインターネットを使っている時に見たいサイトが開けなくて困ったことはありませんか?
YouTube、Twitter、Facebook等々数え上げればキリがありませんし、見たいと思うサイトほど見られないと感じます。ですが、そんな問題も「GAppProxy」を使用すれば解決できます。こちらのページにGAppProxyの設定方法を載せておきました。設定方法はそこまで難しくないと思うので、中国でインターネットを使うことに不便を感じているという方はぜひお試しください。特にこれといった費用もかかりません。

アクセスランキング ブログパーツ

上海申花

2007年04月19日

ACLのレッズ対申花戦の2戦目がもう一週間切りました。

それに関するメモみたいな感じでいろいろとリンクとかを貼っておこうと思います。

在上海日本国総領事館  ACL(浦和レッズ対上海申花戦)開催に伴うご注意

SUPERCITYのチケット販売ページ
このページを見るとけっこう売れてるんですかね?SUPERCITY以外にもチケットを扱ってるサイトはあるようです。
僕は当日にダフ屋から購入しようと思ってるんですが大丈夫なのかな。開始時間すぎると一気に安くなるって聞いたけど。ちなみにダフ屋は中国語で黄牛です。
16000人収容のグラウンドみたいだけど、満席で入れないなんてことはないよな。平日の4時にキックオフだし、申花はけっこうあきらめムードだろうし。それに、中国リーグの試合を見ててもいっつもがらがらだしね。

試合会場(上海浦東源深体育中心)の地図
この地図はだいぶ簡略化されてますね。黄浦江がすごい近くにある。
まあ、地下鉄2号線に乗って世紀大道站まで行ってから徒歩でいけばいいようです。
4号線に乗ってもいけるのですかね?4号線が走ってるのは見たことあるけど、まだ4号線には乗ったことがないので、世紀大道站まで開通してるのかハッキリとはわからないのですが。。。上海地鉄線路図

メモ書きとしてはこんなところでしょうか。

いま一番気になるのが、当日の天気とユニフォームです。
レッズのユニフォームは持ってないし、こっちでも手に入らないだろうからね。
マンチェスターあたりで手をうっておこうかなと考え中。


ケイタ at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ニッポンテレビ

2007年04月11日

戦前予想がはずれてしまいました。ちょっと残念。まあ、惜しかったけど。

こっちで暮らしているため、サッカーの試合をテレビ観戦したとしてもほとんどが欧州リーグの試合なので、久しぶりにJリーグのチームの試合を見るといろいろ思うところがありますね。

まずは寄せ・プレスの甘さ。
敵がわりと危険なゾーンまで侵入してきているのにプレスが甘いですね。
欧州リーグのそれと比べた場合、レッズは全くプレスしてないのと同じだなと思いました。

あとは前半に見られたように、日本サッカー界に蔓延している完璧に相手を崩してから華麗にゴールを奪おうとする姿勢。
小野が前半終了間際にこの試合初のミドルシュートを撃ったと思うんですが、ミドルを撃つチャンスがそれ以前にもあったと思うから、もっと早い段階で2,3発シンプルにミドルを撃っていってもらいたかったです。
相手もしっかりとゴール前を固めてきてて、きれいに崩すのも難しいので、少し無理だったとしてもミドルを撃っていくべきだとも思いますし。

ここらへんの2点を見ても、やっぱり日本のサッカーというのはきれいにやろうとし過ぎているのかなと改めて思いました。

だから、レッズの選手は球際も少し甘いなと思いました。まあ、中国の選手の球際は足の裏を見せてくる・足も一緒に蹴ってくる感があると思うので危ないと思って少し逃げ腰になってしまうのかなとも思いますが。

それとセンタリングを上げようと思えば上げられる状況だけど、相手のディフェンスもすでに戻ってきていてしっかりとゴール前を固められている時に、再びボールを後ろに戻してボール廻しをするシーンが何度かありました。
それ自体は悪いことだと思いませんが、センタリングを上げようとした状況が一度訪れるとゴール前の選手はそこに張り付いてしまっていることが多いかなと思いました。
ボールが後ろへ戻されたのならゴール前に入っていた選手も下へ降りてくる方が良いと思うんですよね。
そうやって下へ降りてこないとパスコースがなくて、ボールを後ろへ戻しても結局どんずまりの状況に陥ってしまうと思うので。
マンチェスター・Uなんかは前の選手がよく下へ降りてきてパスコースを作り、前後の出入りも激しくして、どんずまりになる状況が少ない良いサッカーをしているなあと思うのですが。

全体として感じたことはそんなところだったのですが、前半はレッズのパスも良くつながってて楽しめましたが、後半はなかなかつまらないゲームになっていましたね。後半で一番興奮したのは野人岡野が登場したところだな。

個人に目を向けると、得点したというのもありますがアベちゃんがよかったですねぇ。彼は良い選手だよ〜。
するどい出足から何度もパスカットしてたし、ドリブルで仕掛けていってボールを取られたとしても簡単にファールでゲームを切っておいて、その間に戻ったりと。きっと賢い選手なんでしょうね。

ワシントンもすごいね。ワシントンによくボールがはいってたし、チャンスもなんども作ってたけど、点が取れなかったのが残念。

永井は最初のチャンスは決めてほしかったよね。枠にすら飛んでなかったしな。。。

ポンテはあまり調子が良くなかったんですかね?

小野はすごいパスが何本かあったけど、全体的にはどうなんでしょう?後半は交代して良かったんじゃね?

今日の試合を見ててレッズは失点が多いというのはなんとなくわかりました。
どちらかと言えば気合でプレーしていてオーバーラップもする闘莉王+見ていてなんだからハラハラさせられる坪井。坪井はポジショニングもあまり良くないと思うんだよね。
それに、カウンターをくらったときなどディフェンスの人数は足りてるのに、相手の攻撃を遅らせる人がいなくてずるずるとディフェンスラインが後退してたし。

申花の方はというと、前半はFW2枚にでかいのを置いて高さを武器に勝負してきたんでしょうね。後半は選手交代とかで少しは良くなったようですけど。
次のホームではどんな戦い方をしてくるんでしょうか。なんだか監督のクビも怪しくなってきてると思うんだが。。。
ケイタ at 23:48コメント(2)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2007年04月10日

当然のようにこちらでも放送してくれるようです。

上海電視台で11日の18時20分から。
http://www.smg.cn/root/tv/sports/index.aspx

Jリーグの順位表を見たけど、浦和は他の上位チームと比べると失点が多いですね。
守備が不安定なのでしょうか?
代表戦で何回か坪井を見たことはありますが、なんで代表に呼ばれるのだろうと思ったりすることもけっこうあったり。。。

まあそれでも、いまの申花の攻撃には大した脅威も感じられないので大丈夫だとは思うんですけど。

おそらく、現在の申花の攻撃で得点できる可能性が一番高いのはセットプレーだろうと思います。もともと中国の選手って日本の選手より体格良いですからね。
だから、セットプレーを注意すればきっと問題なし。

それと、中国代表にも名を連ねていて、中村と同じ頃にセルティックの練習に参加したりもしてた申花のDF杜威がトップチームの下のカテゴリーのチームに落とされていたようです。
落とされた理由は、調子が悪いのか、チーム首脳陣とのイザコザなのかハッキリとはしていないのですが、すでに問題は解決されたようで、11日の浦和戦にも出場する可能性があるそうです。

ということなのですが、僕の戦前予想では2対0でレッズの勝利といっとこうと思います。
ケイタ at 20:03コメント(0)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2007年04月09日

アジアチャンピオンズリーグで11日に浦和と試合をする上海申花の試合をテレビでやっていたので見ました。

対戦相手はシンセン上清飲でシンセン上清飲のホーム。

先に結果を言ってしまうと、後半終盤に上海申花が一点を奪い0対1で、9年間、シンセン上清飲のホームで勝ちなしという縁起の悪い一戦を制しました。

ちなみに、得点者はDF李瑋峰で、古巣相手に得点を挙げチームの勝利に貢献しました。

気になっていたのは申花のゲーム内容だったのですが、守備面は普通といったところでしょうか。

だから、申花は現在あまり良い試合をできていないようなのですが、その原因があるとすれば攻撃面でしょうね。

サイドプレーヤーの攻撃の意思が弱く、サイドからの効果的な攻めがあまり見られませんでした。
そのため、中央からの単調な攻めが多くなってしまい、ゴールチャンスへつながるような決定的パスというもの自体が少なかったですね。

決定的パスの供給が少ないのにはいろいろと原因があるとは思うのですが、その原因の一つにはPSVに移籍してしまった双子のサイドバックの片割れ孫祥の放出という戦力ダウンがあると思います。

そんな感じですので、少なくとも11日はレッズの負けはないかなと思います。
まあ、それでも実際にはどうなるかわかりませんが、上海申花にとってみれば11日に引き分けられれば上出来だろうと思います。
ケイタ at 21:44コメント(2)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2007年03月27日

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で浦和レッズと上海申花が同じグループに入っていたんですね。詳細はこちら

2節終えた現在、浦和は勝ち点4でグループ首位。
1位しか次のラウンドへ進むことができないので、けっこう厳しいと思うんですが浦和にはがんばってもらいたいですね〜。

それで、第3節・第4節と連続して申花との対戦になっていて、第3節が浦和のホーム、第4節が申花のホームとなっていますね。

2節終わって勝ち点0の申花は必死になってやってくるだろうけど、Jリーグの方がレベルが上だろうし、普通にチームの実力を比べても浦和の方が上だろうから負けることはないでしょう。
ただホームで勝ち点3をしっかりととっていきたいですよね。

そうやって第3節にしっかりと申花をたたいておけば、3節終わって勝ち点0の申花のモチベーションはだいぶ落ちるでしょうからね。
そうすれば、第4節のアウェイでの戦いもより有利にすすめられるはずです。

ということで、4月25日(水曜日)に第4節があるんですが、浦和がモチベーションの下がった申花をボッコボコに倒すところを観戦しに行こうかなと思ってます。
暇なお友達は一緒に行きましょう。だって一人だったら見に行かなそうだから、、、、、、虹口足球場でやってくれるとうれしいな、、、、、、、、、だれか俺のチケットまで買っておいてくれるとうれしいな、、、、、、



おまけ

暇だったので中国リーグの2004、2005、2006、2007(暫定)の順位表を見てました。
2004 2005 2006 2007(暫定)
全て別窓で開きます。

見比べてもらえばわかるんですが、チーム名とかリーグのチーム構成の変化が激しすぎて笑えますね。
こんなリーグのチームには負けたくないですよね〜。

いままでのJリーグのチームって真剣にアジアタイトルを取りにいってなかったみたいですが、今回の浦和はアジアタイトルも狙っていくつもりだなんていう記事を読んだと思うので、なんとしてもアジアを制して日本で行われるクラブワールドカップに出場してもらいたいですね。もちろんフロンターレもがんばれっ!
ケイタ at 23:08コメント(0)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
とても注目しています
クリックで救える命がある。
livedoor プロフィール
Twitter
Follow keitahorses on Twitter

Amazon.co.jp
ウィッシュリスト
fxwill.com
ブログパーツ
あわせて読みたい