中国に住んでいてインターネットを使っている時に見たいサイトが開けなくて困ったことはありませんか?
YouTube、Twitter、Facebook等々数え上げればキリがありませんし、見たいと思うサイトほど見られないと感じます。ですが、そんな問題も「GAppProxy」を使用すれば解決できます。こちらのページにGAppProxyの設定方法を載せておきました。設定方法はそこまで難しくないと思うので、中国でインターネットを使うことに不便を感じているという方はぜひお試しください。特にこれといった費用もかかりません。

アクセスランキング ブログパーツ

2010年06月11日

フリーソフトのQQLiveが南アW杯全試合を生放送しちゃうみたいです。

先日、PPLIVEを紹介しましたが、今日はQQLiveの紹介です。

さすがは中国様。ワールドカップ全試合生放送です。

〓〓〓〓〓〓〓追記〓〓〓〓〓〓〓〓

このエントリーを書いている時に調べてみたらQQLiveだけじゃなくPPLIVEも全試合生放送しそうです。
リンク先にはそれぞれのワールドカップの放送予定が書かれています。

QQLive
http://live.qq.com/worldcup/worldcup.html

PPLIVE
http://2010.pptv.com/zhibo/

見比べていないのではっきりとは言えませんが、HDライブ放送なんて書かれているのでPPLIVEの方が画質は良さそうですね。でも、PPLIVEの方が広告はうざいです。
日本対イングランドの強化試合の時はPPLIVEで見ましたが、スポーツ放送でも十分に見られるレベルでした。ただ、私のパソコンはしょぼいので絵が音よりも遅れているためHD画質で見るのは諦めましたが。
まあ中国では普通に有線テレビで全試合放送してくれるから問題ないんですけど。

〓〓〓〓〓〓〓追記ここまで〓〓〓〓〓〓〓〓

PPLIVEと名前が似ていますが、QQLiveはペンギンマークのQQメッセンジャーでおなじみのTENCENTSという会社がやっているインターネットテレビです。有名企業ですね。

まあソフトの紹介はそれくらいにして、早速インストールから設定までの解説をしていっちゃいます。

ダウンロードは右側にある「立即下載」からです。
http://live.qq.com/

Screenshoot_005インストーラーを起動してクリックしていき、上記の画像まできたら訳を参考に自分の必要なものにチェックを入れてください。

Screenshoot_008下のチェックは外しておいた方が無難です。

Screenshoot_011いくつかタブがありますが、赤丸で囲んだところがワールドカップのタブです。
ちなみに左から、おすすめ、テレビ局、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、W杯、検索です。


Screenshoot_012さあ、次からは設定の説明です。PPLIVEの時と同様、相変わらずよく分からない部分もあります。
上の画像は基本設定の項目です。
訳を書くのを忘れてしまったみたいですが、チェックの入っているやつは「前回閉じたときの映像の位置を記憶しておく」です。だから、これはチェックを入れておいた方がいいですね。

その下にあるのは、次の画像で説明しているホットキー設定にも関係してくるのですが、ホットキーで早送り早戻りする時の秒数です。つまり何秒ずつ飛ばしたり戻したりするかですね。
ていうか、今書いてて気付きましたら早戻りじゃなくて巻き戻しですよね。訳してる時もなにかおかしいなとは思ってましたが、恥ずかしい限りです。意味はわかっているのですが、日本語で使われるはずの言葉が基本思い浮かんできません。



Screenshoot_013そして、さきほども言及しましたがホットキーの設定です。早戻りではなくて巻き戻しですね。この早送り巻き戻しキーを使って、さきほど指定した秒数を飛ばしたり戻したりするわけです。



Screenshoot_015次はネットワーク設定の項目です。ここは訳を書き込んでいないのですが、簡単に説明していきます。
一番上の「ローカルエリアネットワークの優良化(全然良い訳が思い浮かびません)」ですが、チェックが入っているのは「ローカルエリアネットワークの優良化を有効にする」です。チェックを入れると有効になります。説明も少し書かれていますが、このチェックを入れて有効にすると画質が向上するらしいです。

次はModem接続数のコントロールです。チェックを入れるとModemの接続数を変えられます。
下の説明には、「もし途切れたりしてうまく再生されない場合はこの数字を下げてみてください。この数字の変更は画質に影響するため慎重に行ってください。」と書かれています。

一番下はポート設定です。80番ポートを使用して接続性の増加を試してみる。



Screenshoot_016最後の設定はキャッシュの設定です。見ていただければ分かると思いますが、キャッシュの保存位置と最大容量の設定です。

そして、スクリーンショットではなくスクリーンキャプチャの設定です。画像のは誤訳です。下にあるのは保存位置と保存形式です。
チェックボックスにチェックを入れた場合はスクリーンショット機能です。いわゆるキーボードの「PrintScreen」キーを押したのと同じです。チェックを外すとそのまま指定した形式で画像を保存できます。

インストールから設定までこんな感じでしょうか。

おまけ画像は梅西君です。期待してます。
messi





カテゴリー:インターネットテレビ | PC&Internet

ケイタ at 01:39コメント(0)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ニッポンテレビ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
とても注目しています
クリックで救える命がある。
プロフィール

ケイタ

上海在住の群馬県人。

Twitter
Follow keitahorses on Twitter

Amazon.co.jp
ウィッシュリスト
fxwill.com
ブログパーツ
あわせて読みたい