中国に住んでいてインターネットを使っている時に見たいサイトが開けなくて困ったことはありませんか?
YouTube、Twitter、Facebook等々数え上げればキリがありませんし、見たいと思うサイトほど見られないと感じます。ですが、そんな問題も「GAppProxy」を使用すれば解決できます。こちらのページにGAppProxyの設定方法を載せておきました。設定方法はそこまで難しくないと思うので、中国でインターネットを使うことに不便を感じているという方はぜひお試しください。特にこれといった費用もかかりません。

アクセスランキング ブログパーツ

2010年06月01日

GAppProxyで中国政府のインターネット規制を突破する方法

前回の記事で宣言していたように、今回は「GAppProxyの設定方法」の解説です。

GAppProxyというのは「Google App Engine(Googleのインフラを利用できるWebアプリケーションプラットフォーム)」を使用したプロキシです。
一般的にプロキシというものを利用すると回線速度は落ちてしまうのですが、GAppProxyはプロキシを利用しないで普通にインターネットを使うときと比べても、回線速度の面においてほとんど変わりはありません。
ですから、Youtubeなどの動画サイトでもストレスなしにスムーズに視聴することができます。

〓〓〓〓〓〓〓〓追記〓〓〓〓〓〓〓〓

画像も使用してなるべくわかりやすく書いたのですが、コマンドを使用したことのない方にとっては少しハードルが高いのかもしれません。
意味がわからなかったり、うまくいかなかったりする場合はコメント残していってつかあさい。

考えてみたらLivedoor Blogって画像だけが中国からだと見られないんですよね。
ですから、画像の詰め合わせもアップローダーにあげておきました。記事の内容と画像のファイルネームを照らし合わせれば、どれがどこの画像かはわかるようにしたつもりです。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

Googleのアカウントを持ってない方は、まず初めにGoogleのアカウントを取ります。

そして、こちらのサイトの「はじめに」を参考にして、登録なんかをします。電話番号の入力画面では中国にいる場合、「+86」を携帯番号の先頭に付け足します。
日本だったら何番でしょう?たぶん、Googleのヘルプで調べられたと思います。


Screenshoot_013次に「Application Identifier」などを入力するのですが、ここでアプリケーションを1個だけではなく2〜3個作っておくと良いのかなと思います。
なぜかというと、ひとつのアプリケーションに付き転送量が1GB/dayと限られているためです。それに、たまに繋がらなくなることがあるのですが、そういう時にはアプリケーションを変更するのが手っ取り早い解決法になるためです。
普通に使っているぶんには1GB/dayを超えることってそんなにないと思いますけど、動画サイトなんか見てたら超える可能性もあるかもしれないので、念のため作っておくといいと思います。
ていうか、この転送量制限てひとつのアプリケーションに付き1GB/dayですよね…?ひとつのアカウントに付き1GB /dayだったらいくつアプリケーションを作っても意味ないですよね。まあ、削除もできますし、作ったとしても問題はないと思います。

そして、次からの手順なのですが、前回の記事で書いたようにYouTubeが見れなくてもいい、1MB以上のファイルをダウンロードする必要もないという方は引き続き「あまたの何かしら」さんのサイトを参考に進めていってください。

YouTubeなどの動画サイトが見たいという方や大きなファイルを扱いたい方は、こちらの中国語サイトの設定を実行していきます。

すでにGoogleのアカウントなどは作ってあるので、
4. 相??件的下?和安装(必要なファイルのダウンロードとインストール)」からです。
まず「TortoiseSVN」、「Python」、「Google App Engine SDK for Python」をダウンロードしてきてインストールします。
TortoiseSVNはインストール後に再起動を求められます
TortoiseSVNをインストールする必要はありません。
Pythonは3.1がGoogle App Engineに対応していないため、2.6.5をインストールしてください。確かめてはいませんが、バージョン2番台なら2.7や2.5などでも大丈夫だと思います。
ダウンロードページが開かない場合は「Python download」といったキーワードで検索して、他のページからダウンロードしてみてください。



次は「 5.gappproxy服?器端配置(gappproxyサーバーの設置)」です。

5.1 TortoiseSVNをインストールしたら、デスクトップ上で右クリック→「SVN Checkout」→「URL of repository」に「http://gappproxy.googlecode.com/svn/trunk/」と入力→「checkout directory」にはGAppProxyの保存したい場所を入力します。とりあえず、Cドライブ直下にGAppProxyというフォルダを作って 「c:\GAppProxy」と入力しておけばいいかなと思います。そして、OKをクリック
TortoiseSVNを使ってダウンロードしなければいけないファイルをアップローダーにアップロードしておきました。こちらよりダウンロードしてください。
これで、TortoiseSVNをインストールする必要がなくなったため、パソコンを再起動する必要もないので設定がかなり楽になったと思います。ダウンロードしたファイルはひとまずCドライブ直下に展開しておきます。
「5.2」以降の設定手順に変化はありません。

5.2 Cドライブ直下に展開したGAppProxyフォルダの中には4つのフォルダと2つのファイルがあると思うので、その中の「fetchserver」というフォルダの中の 「app.yaml」というファイルをテキストエディターで開きます。
WINDOWS標準のテキストエディタを使用すると書式が勝手に変更されてしまいうまくいかないことがあるため、できればマイクロソフトオフィスのWORDなどのWINDOWS標準以外のテキストエディタを使用してください。
Screenshoot_003 そして、一行目の「your_application_name」のところに、先程の自分で作ったApplication Identifierを記入します。私の場合、「gunmakenjin」と作ったので、「gunmakenjin」とだけ記入して保存します。

5.3 同フォルダ内の「index.yaml」というファイルは削除。

5.4 次にこれらのファイルをアップロードします。

Screenshoot_004キーボードで「Windowキー+R」を押すと左の画像のような小さいウインドウが出現します。それで、「cmd」と入力してEnterキー。

Screenshoot_008真っ黒いウインドウが立ち上がるので「Google App Engine SDK for Python」をインストールしたディレクトリに移動します。
そのディレクトリが「C:\Program Files\Google\google_appengine」という場所だったら「cd C:\Program Files\Google\google_appengine」と入力して「Enter」キーを押せば移動出来ます。
うまくいかない場合はコピー&ペーストではなく手打ちで入力してみてください。

Screenshoot_009そうしたら、今度は「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」と入力します。
c:\GAppProxy\fetchserverというのは先程のCドライブ直下に展開したフォルダの中にあった「fetchserver」フォルダを指定します。
画像内のスペルにはミスがあります。正しくは「fetchserver」です。ここもうまくいかない場合はコピー&ペーストではなく手打ちで入力してみてください。
その後、Googleのアカウントとパスワードを求められるので、一番最初に作ったGoogleのアカウントとパスワードを入力します。セキュリティ上、パスワードは入力してもなにも反応ありませんが、しっかりと入力されています。
私のようにアプリケーションを複数作った方は【5.2】でやったように、「app.yaml」のファイル内容をそれぞれ書き換えて全てのファイルをアップロードします。

5.5 fetchserverのテストをします。ブラウザで「http://your-fetch-server.appspot.com /fetch.py」を開いてみてください。「GAppProxy已?在工作了」と表示されれば成功です。your-fetch-serverは Application Identifierで作ったものです。私の場合なら、http://gunmakenjin.appspot.com /fetch.pyですね。


6.gappproxy 客?端配置(クライアントの設定です)

6.1 proxy.confの書き換えです。

Screenshoot_010展開したGAppProxyフォルダの中には「localproxy」というフォルダもあります。そして、このフォルダの中に「proxy.conf」というファイルがあるのでテキストエディターで開きます。最下行の「#fetch_server = http://your-fetch-server.appspot.com/fetch.py」は、すでに何度も出てきてますが、自分で作った Application Identifierに書き換えます。私の場合なら「fetch_server = http://yakimanju.appspot.com/fetch.py」です。
ここで注意しなくてはいけないのは、先頭の#は削除するということです。それと、複数のアプリケーションを作った方はここのyour-fetch- serverを書き変えれば他のfetchserverが使えます。

6.2 プロキシクライアントの起動。
「localproxy」フォルダの中にある「proxy.py」をダブルクリックで起動します。そうすると、さっきも表れた真っ黒いウインドウが出てきます。
このウインドウを常に出しておかないとGAppProxyは使えないので、閉じないようにしてください。
proxy.pyのウインドウがずっと出ていて邪魔くさいという方は「RBTRAY」というソフトを使うと、邪魔くさいウインドウをタスクトレイにしまえて少し幸せな気持ちになれると思います。


7. ??器配置
(ブラウザの設定)

IE(Internet Explorer)の場合は、「ツール→インターネットオプション→接続→LANの設定」で「プロキシサーバーを使用する」にチェックを入れ、アドレスに 「127.0.0.1」とポートに「8000」と入力してOKです。
ですが、おすすめなのはFIREFOXというブラウザを使ってAddonのautoproxyを使う方法です。自分もこの方法を使ってます。

ブラウザの設定に関してもあまたの何かしらさんがもっと詳しく説明されているので、そちらを参考にした方が良いと思います。

とりあえず、解説はこんなところでしょうか。おそらくこれで中国からでもYouTubeなんかが見られるようになると思います。

ちょっと想像以上に時間と体力を消耗してしまいました。なにか補足や不備があればまた後日……。


そういえば、全て自己責任のもと行ってください。

あと、もしかしたらこれって土豆(tudou.com)や優酷(youku.com)なんかの日本からのアクセスを遮断しているサイトなんかも見られるようになっちゃったりするのかな?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓追記〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

調べてみた結果、GAppProxyのサーバーはアメリカに置いてあるみたいです。まあ、グーグル先生のやっているサービスですもんね。
ですから、GAppProxyを通すことによってアメリカから繋いでいることになるので、日本からだけのアクセスを規制している中国の動画サイトなんかは見られるようになると思います。
中国以外の国からのアクセスを規制しているような動画サイトはGAppProxyを使っても見られるようにはならないんでしょうね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





カテゴリー:PC&Internet | 中国

ケイタ at 00:36コメント(48)トラックバック(0) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ニッポンテレビ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ケイタ   2010年06月03日 18:04
なんか文字化けしちゃってるな
2. Posted by tarotaro   2010年07月17日 21:17
すいません、質問なのですが、5.4のところで「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」と入力すると、
error parsing yaml file:
mapping values are not allowed here in "c:\GAppProxy\fetchserver\app.yaml", line 1, column 30 と出て先に進めないのですが、どうすれば良いのか教えていただけませんでしょうか?
3. Posted by ケイタ   2010年07月17日 22:39
「そうしたら、今度は「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」と入力します。」と書かれている左にある画像内のスペルにはミスがあります。
正しくは「fetchserver」なのですが、間違って「fetcheserver」と書いてしまいました。ですから、もしも画像を見ながらやっているとしたら、このスペルミスが原因かもしれません。

あとはfetchserverフォルダの保存場所の問題かもしれません。fetchserverフォルダが「c:\GAppProxy\fetchserver」以外の場所にあるとエラーになるはずです。

あと、うっかりミスで5.3の「同フォルダ内の「index.yaml」というファイルは削除。」を忘れていたりはしないでしょうか?
4. Posted by tarotaro   2010年07月17日 23:05
回答ありがとうございます。
確認してみましたが、スペルミスはしていませんでした。
保存先も「c:\GAppProxy\fetchserver」にしていますし、同フォルダ内の「index.yamlというファイルは削除しています。
が、何度やっても以下エラー文が出てしまいます。
error parsing yaml file:mapping values are not allowed here in "c:\GAppProxy\fetchserver\app.yaml", line 1, column 30

これは「app.yaml」のファイル内容に問題があるのでしょうか??
5. Posted by ケイタ   2010年07月17日 23:32
> これは「app.yaml」のファイル内容に問題があるのでしょうか??

少し調べてみましたがWINDOWS標準のテキストエディタで開くのがいけないのかもしれません。

http://www.appinn.com/install-gappproxy-guide/#comment-35042
リンク先の「33. Easyparadise said on: 2009/02/23 07:07 」のところに書かれているのですが、テキストエディタで開くとファイルの書式が変更されて保存されてしまうことがあるようです。

マイクロソフトオフィスのWORDなど、WINDOWS標準のテキストエディタ以外のもので開けますか?
6. Posted by tarotaro   2010年07月18日 00:12
ご親切にありがとうございます。

ワードで編集したら、エラーも起きずに最後まで問題なく出来ました。

本当にありがとうございます。
7. Posted by ケイタ   2010年07月18日 00:22
どういたしまして。

無事に解決できてよかったです。

自分も勉強になりました
8. Posted by kou   2010年08月30日 23:09
すみませんが、私も上の人と同じところでつまずいていますが、パソコンおんちなので詳しく教えてください。

1、ディレクトリが「C:\Program Files\Google\google_appengine」という場所だったら・・・

という確認はどうやってするのですか?

一応、デスクトップに保存した物をCプログラムのなかにドロップしましたが、だめですか?

2、appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserverと入力し、「c:\GAppProxy\fetchserver」の部分を消して自分で作った Application Identifierを記入し、「Enter」キーを押すと、Googleのアカウントとパスワードを求められるどころか
エラーになるのですが・・・

3、テキストエディタは「EmEditor 」というフリーソフトを使いましたがだめですか?

*error: not a directoryとなってます。

お忙しいところ申し訳ございませんが宜しく
お願い致します。
9. Posted by ケイタ   2010年08月30日 23:42
「*error: not a directory」というエラーがでているようなので、おそらくディレクトリ(ファイルやフォルダの保存場所)の指定がうまくできていないのだと思います。

質問1に対しての回答:ディレクトリはファイルやフォルダを右クリックして「プロパティ」から確認できませんか?

質問2に対しての回答:自分で作った【Application Identifier】を記入するのではありません。「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」の「c:\GAppProxy\fetchserver」の部分には展開したファイル内のfetchserverフォルダの位置を記入します。
解説通りに作業をすすめられているのであれば、特に書き換える必要はないと思います。

質問3に対しての回答:たぶん大丈夫だと思います。

ちなみにOSはなんでしょうか?WINDOWS XPでしょうか?それともVISTAでしょうか?
10. Posted by kou   2010年08月31日 07:21
お忙しいところお返事有難うございました。
早速なんですが、Cドライブの確認でfetchserver
を見ましたら、
「C:\GAppProxy\GAppProxy\fetchserver」
という表示でしたが、これはまずいですか?

ディレクトリは他は問題なさそうです。

そういえば、「Pythonは3.1がGoogle App Engineに対応していないため、2.6.5をインストールしてください。」というところの2・6・5というのが見あたらないので2・6・2をインストールしましたが
これはいかがですか?



それと、私の質問事項2についての部分ですが、
何も書き換えないとすると、appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserverを入力し、Enterキーを押せば、Googleのアカウントとパスワードを求められるということでよろしいのでしょうか?

*OSはWINDOWS XPです。(購入中国)
現在上海、浦東 在住です。
11. Posted by ケイタ   2010年08月31日 14:17
「C:\GAppProxy\GAppProxy\fetchserver」ということですが、結論だけいうとGAppProxyフォルダが一つ多いようです。
解説と同じ状況にするには「C:\GAppProxy\fetchserver」という形になるようにフォルダ階層を変更してください。

C:\GAppProxy\fetchserverというのはフォルダやファイルの保存場所を表しています。下記のサイトを見るとディレクトリと階層の概念が理解しやすいかなと思います。
http://www16.plala.or.jp/tkamoto2/page005.html

Pythonのバージョンは2・6・2でも問題ないと思います。

>>それと、私の質問事項2についての部分ですが、〜〜
前述の「C:\GAppProxy\GAppProxy\fetchserver」を「C:\GAppProxy\fetchserver」と変更し、なにも書き換えずにappcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserverと入力すればアカウントとパスワードを求められるはずです。

ちなみに中国語のOSだと、「我的電脳」を開いて上のところにある「工具」→「文件夾選項」を開き、「査看」の中の「在地址欄中显示完整路径」のチェックを入れると、「我的電脳」の上部にディレクトリパスを表示することができます。

私は浦西在住です。
12. Posted by kou   2010年08月31日 16:04
ご面倒お掛けして申し訳ございません。

5・4のところですが、私の場合ディレクトリがちょっと違っているので、

最初にcd C:\Program Files\google\google_appengineと入力し、enter キーを押し次に
C:\GAppProxy\fetchserverと入力してもその後、何の反応もありません。 ちなみにその後enter キーを押すと、[error 2] No such file or directory と言う表示が出るので、C プログラムの
保管場所が何か間違えているのでしょうか?

保存場所を確認すると
「C:\Program Files\google\google_appengine」と「C:\GAppProxy\fetchserver」と表示されていますが・・・


ちなみに、、「査看」の中に「在地址欄中显示完整路径」というのはございません。
13. Posted by ケイタ   2010年08月31日 16:44
「cd C:\Program Files\Google\google_appengine」と入力して「Enter」キーを押したら、次は「C:\GAppProxy\fetchserver」ではなく「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」と入力して「Enter」キーを押します。

まあGAppProxyの設定には直接の関係はないので、「査看」の中に「在地址欄中显示完整路径」が見つからないなら、これは無視していただいて結構です。
14. Posted by kou   2010年08月31日 17:49
すみません。 書き間違えました!
「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」を記入してもアカウントを求めて来ません。

そしてenterキーを押すと「error2」・・・となります。
15. Posted by ケイタ   2010年08月31日 18:20
エラーによると、指定した場所にfetchserverフォルダが存在していないようです。

Cドライブの中(「WINDOWS」や「Program Files」などのフォルダがはいっているところ)にGAppProxyフォルダ。そのGAppProxyフォルダの中にfetchserverフォルダがしっかり作れていますか?

あとはスペルミスなどはないでしょうか?
右クリックからコピー&ペーストできるので、解説本文をコピー&ペーストしてみてください。

それらに問題ないようですと、あとはなにが問題なのか検討付きません。
16. Posted by kou   2010年08月31日 20:23
Cドライブの中(「WINDOWS」や「Program Files」などのフォルダがはいっているところ)にGAppProxyフォルダ。そのGAppProxyフォルダの中にfetchserverフォルダがしっかり作れていますか?

はい! CドライブのなかにGAppProxyフォルダがあって、その中にテキストエディタで修正(app.yaml)したfetchserverが入っています。

もうひとつ、CドライブのなかにProgram Filesの
フォルダがあってその中にgoogleのホルダがあって、その中にgoogle_appengineのフォルダが入っています。

最初のgoogleフォルダの「g」が小文字なので
「cd C:\Program Files\google\google_appengine」と入力していますが良いのでしょうか?

この小文字の部分以外はすべて解説をコピペして
入力しています。
17. Posted by ケイタ   2010年08月31日 21:04
小文字でも問題ないと思います。
「cd C:\Program Files\google\google_appengine」というのはgoogle_appengineフォルダへ移動するという操作を行っています。どうやらそこまでは問題なさそうです。

問題は次の「appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver」ですね。

GAppProxyフォルダの中身はどのようになっていますか?
まあ解説したところ以外はいじる必要ないのですが、ちゃんとGAppProxyフォルダ内には「center」、「fetchserver」、「localproxy」、「tools」という4つのフォルダと「COPYING.GPLv3」、「README」という2つのファイルが入っていますよね?

それで、「fetchserver」フォルダの中には「accesslog.py」、「admin.py」、「app.yaml」、「fetch.py」の4つのファイルが入った状態になっていますよね?
※「index.yaml」ファイルは不要なので削除します。

これでもダメとなるともうお手上げですね。あとはパソコン詳しい方に手伝ってもらうしかないと思います。
18. Posted by kou   2010年08月31日 22:14
すべて念には念をいれて確認しましたが、
間違いないと思います。

上海に来て1年半ですが、このネット環境の悪さ・・
閲覧できないものがたくさんあることに、非常に
イライラがつのる毎日でして・・・

そこで、ざっくばらんにお伺いしたいのですが、
細かいお話は別として、例えば、私が貴殿の
ところまで出向いたとして一度、私のパソコンを見て、修正、設定等をして頂くことは可能でございましょうか?



19. Posted by ケイタ   2010年08月31日 23:05
そうですね。
自分も中国当局とのイタチごっこの末、ようやくこのGAppProxyに辿り着きました。

でも、もしかしたらGAppProxyも将来的に当局の規制を受けてしまう可能性もあるかもしれませんけど。

こちらに来ていただけるのでしたら全然構いませんよ。
とりあえず、メールアドレス載せておきます。
keitaman@gmail.com

ノートパソコンですよね?
20. Posted by kou   2010年09月01日 08:00
大変うれしいです。
どうも有難うございます。

現在ノートパソコンを2つ所有していまして
今回中国で購入したほうで試しましたが、
改めて、日本から持ち込んだほうでも試して
みます。

それでももしだめでしたら、大変恐縮では
ございますが、メールさせて頂きます。

その折はどうぞ宜しくお願い申し上げます。

21. Posted by kou   2010年09月03日 13:09
遅くなりましたが、日本から持ち込んでいる
パソコンでもう一度試したのですが、やはり
だめでした。

きっと、私のほうがどこか誤りがあるのでしょうが
まったく分からなく、詳細をgmailの方にメール
いたしました。

何卒宜しくお願い致します。
22. Posted by SPJ   2010年09月18日 15:39
こんにちは。このサイトを参考にしてトライしているところです。アップロードするときにGoogleのアカウントとパスワードを求められますが、メールアドレスを入力した後でどうしてもパスワードを入力することができません。キー入力を受け付けない感じです。解決方法をご存知でしょうか。
23. Posted by ケイタ   2010年09月18日 16:24
解説が不足していました。
パスワードは入力してもなにも表示されません。ですが、しっかりと入力はされているのでパスワードを入力後、ENTERキーを押してください。
そうすると普通にアップロードが始まるはずです。
24. Posted by SPJ   2010年09月18日 22:23
コメントありがとうございます。
”Invalid username or password."と出るということは、単純に間違っているのですね。
ここで入力するのは、googleアカウントで良いのですか?googleには同じpasswordでログインできるのですが、何が間違っているのか・・・
25. Posted by SPJ   2010年09月19日 00:57
新しいアカウントを登録したらできました。
これで快適にインターネットできます。ありがとうございました。
26. Posted by ケイタ   2010年09月19日 01:00
そうですね。アカウントかパスワードが間違っているようです。
ここで入力するのは「Application Identifier」を作成する際に使用したアカウントとパスワードです。
アカウントは「@gmail.com」まで含む場合と、「@gmail.com」を含まない場合の二種類を試してみてください。
どちらの場合かはちょっと忘れてしまいました。
27. Posted by ケイタ   2010年09月19日 01:05
どういたしまして!
無事にできてなによりです。

おそらくエラーにあるように、アカウントとパスワードが一致していなかったのだと思います。
28. Posted by ぷりん   2010年12月26日 04:12
appcfg.py update c:\GAppProxy\fetchserver
をコマンドプロンプトにうってもappcfg.pyがワードパッドで開いてしまうだけでパスワードなどを求めて来ないのですが何が原因なのでしょうか
Pythonは2.6.5が見つかりませんでしたので2.7.1を使用しています
OSはVistaです
29. Posted by ケイタ   2010年12月27日 10:36
う〜ん、なぜでしょう…。
全て半角で入力しているでしょうか?スペースも半角です。あとは、スペルミスはないかなど確認してみてください。
ちなみに関係ないと思いますが、バージョン2.6のダウンロード先です。
http://www.filehippo.com/jp/download_python/4744/
30. Posted by nao   2011年01月29日 14:19
こんにちは。
只今設定中ですがつまづいてしまいました。教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。
5.4での、『真っ黒いウインドウが立ち上がるので「Google App Engine SDK for Python」をインストールしたディレクトリに移動します。』というところで『「cd C:\Program Files\Google\google_appengine』と入力してエンターを押すと、『指定されたパスは見つかりません』と表示が出て再入力を求められます。何かが間違っていると思いますがわかりません。ここまでの手順は問題ないと思いますが…。
宜しくお願いいたします。

31. Posted by ケイタ   2011年02月01日 18:46
こんにちは。お返事遅れてしまい申し訳ありません。
吐き出されたエラーによりますと、「google_appengine」のフォルダが指定した場所に存在していないのだと思います。
おそらく、「Google App Engine SDK for Python」のインストールされたフォルダの名前が違っていたり、インストールされた場所が違っているのだと思います。
explorerでどこにインストールされているか確認してみてください。
この前、自分も友人のパソコンにこの設定をしたんですが、若干つまずきました。
GAppProxyフォルダはCドライブ直下に置かないとうまくいかなかったような気がします。
32. Posted by manyo   2011年02月20日 12:27
こんにちは
今年から中国に来ました。

設定を最後までやってYoutubeは見れる
ように
なったのですが、Twitterはログイン画面までは
進めますがそれ以降、IEだと「このページは表示
できません」、Firefoxだと「プロキシサーバーへの
接続を拒否されました」と表示されてしまいます。
何か考えられる原因ありますでしょうか?
OSはWindows7です。
33. Posted by ケイタ   2011年02月22日 00:34
こんばんは!

ログイン画面以降に変なセキュリティ関係の画面が出てきませんか?
その画面が出てきたら、「すぐにページを閉じる」ではなく、もう一方の方を選択してサイトに許可を与えればログイン以降のページに進めるようになります。
実際にセキュリティ的に問題あるのかないのかわかりませんが、見られるようにはなるのでご自分の判断で行って下さい。
34. Posted by manyo   2011年02月26日 10:04
おはようございます。

回答ありがとうございます。
ログイン画面以降、特にセキュリティ関係の画面は出てきませんでした。
Youtubeもログインをしようとすると同様のメッセージが表示されてしまいました。
(ログインしなければ画像は見れる)

とほほ。
35. Posted by katsu   2011年04月09日 01:00
5 貴重な情報ありがとうございます。
規制に困っていたので助かります。

私も手順に従って進めていたのですが、5.5のfetchserverテストでNGになってしまいます。
http://your-fetch-server.appspot.com /fetch.pyをyour-fetch-serverを自分のモノに書き換えて接続しようとしますが『Internet Explorer ではこのページは表示できません』となり接続出来ません・・・

よろしければ考えられる問題を教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。
36. Posted by hana   2011年07月27日 09:05
katsuさんと同じようにfetchserverテストでうまくいきませんでした(現象は同じかどうかわかりません)が、最終的にyoutubeなどは見られるようになりました。
でもここ数日、proxy.pyで「リモートホストにより強制的に切断されました」というメッセージがしばしば出るようになり、うまく見られないときが多いです。
しかたないですね。こればっかりは。
37. Posted by ケイタ   2011年07月28日 00:34
私も使ってて急に見れなくなってしまうことがあります。
そういうときはfetch-serverを他のものに変えたりしますが、あまり効果はないような気もします。
ただ、Firefoxのバージョンを更新したらわりとまともになったような気もします。
38. Posted by hana   2011年08月02日 10:58
>ケイタさん
ちなみにFirefoxのバージョンはいくつでしょうか??
v.5.0.1だったのですが、autoproxy のアドオンが
対応していないようなので、ダウングレードしてみようかなと
思ったのですが。
39. Posted by ケイタ   2011年08月02日 19:26
現在使っているバージョンは5.0です。
もう6までリリースされてるんでしたっけ?
リンク先のものはちゃんと6まで対応されているようです。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/autoproxy/
40. Posted by hana   2011年08月03日 00:07
ホントですね。どこを見てたんだろう。
ありがとうございました。
41. Posted by kuma   2011年11月24日 23:14
WINDOWS XP に Google App Engine 1.6.0 Python2.6.5をインストールしてFirefox8.0.1でYouTubeは快適に見ることができますが、Facebook はログイン画面以降「プロキシサーバへの接続を拒否されました」、、状態になります。アドバイスを頂ければ幸いです。
42. Posted by keita   2011年12月01日 19:00
>>kumaさん
http://loda.jp/keita/?id=4
http://loda.jp/keita/?id=5
http://loda.jp/keita/?id=6
FIREFOXだと上記アドレス先のような画面は表示されないでしょうか?
赤丸で囲んだボタンをクリックしていくとログイン画面以降にも進めるようになりませんか?
43. Posted by kuma   2011年12月05日 17:26
>>keitaさん
アドバイスを有難うございます。
-------------------------------------
http://loda.jp/keita/?id=4
http://loda.jp/keita/?id=5
http://loda.jp/keita/?id=6
FIREFOXだと上記アドレス先のような画面は表示されないでしょうか?
赤丸で囲んだボタンをクリックしていくとログイン画面以降にも進めるようになりませんか?
---------------------------------------
上記に関してですが、FIREFOX上でのアドレスは変化がなく、ログイン画面以降、メールアドレスとパスワードでログイン後、「プロキシサーバへの接続を拒否されました」状態になります。
又、Addonのautoproxyとして「autoproxy-0.4b2.2011041023-fx+tb+sm.xpi」をインストールしていますが、この設定にも関係あるでしょうか? よろしくお願いいたします。尚、小生は青島在住です。
44. Posted by Inwawintath   2011年12月06日 00:58
1 hague pharmacy norfolk virginia http://exclusiverx.com/products/eurax.htm locate a cvs pharmacy
45. Posted by keita   2011年12月06日 22:43
よくわかりませんが、福の字をクリックしてアイコンの文字色を赤から緑色に変えてもダメでしょうか?
あとはGOOGLE CHROME使ってみるのは如何でしょうか?
46. Posted by keita   2011年12月06日 22:44
それと、少しお金がかかりますが、VPNを使用してみるという手段もあります。
47. Posted by kuma   2011年12月07日 18:10
keitaさん
47→福は緑でもNG、IE-8・CHROMのプロキシ設定でもNGでした。VPNを検討します。謝謝。
48. Posted by superaccess   2011年12月20日 20:25


中国からYouTube、Twitter、Yahooブログ、Facebook、アメブロなどにアクセスできず、お困りではありませんか?



Superaccessとは中国からアクセスできないウェブサイトにつながるようにするサービスです。

一般的にYouTubeやTwitter等のサイトにアクセスする方法としてVPNというサービスがあります。
ただし、このサービスは中国のネットワーク環境の変化により最近繋がりにくくなっていると言われています。



SuperaccessはVPNとは異なる技術で中国国外のサイトにアクセスするサービスです。
そのため、これまでVPNでも繋がりにくかったウェブサイトにもアクセスできるようになります。


しかも、同時に8台の端末にアクセス可能です。端末の種類を問いません。難しい設定は一切要りません。



ご希望の方はお気軽にご相談ください。

以上

デジタルライフパートナー


Email: focusagency@263.net


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
とても注目しています
クリックで救える命がある。
livedoor プロフィール
Twitter
Follow keitahorses on Twitter

Amazon.co.jp
ウィッシュリスト
fxwill.com
ブログパーツ
あわせて読みたい