中国に住んでいてインターネットを使っている時に見たいサイトが開けなくて困ったことはありませんか?
YouTube、Twitter、Facebook等々数え上げればキリがありませんし、見たいと思うサイトほど見られないと感じます。ですが、そんな問題も「GAppProxy」を使用すれば解決できます。こちらのページにGAppProxyの設定方法を載せておきました。設定方法はそこまで難しくないと思うので、中国でインターネットを使うことに不便を感じているという方はぜひお試しください。特にこれといった費用もかかりません。

アクセスランキング ブログパーツ

2006年11月20日

トリビア≪オズの魔法使い≫

オズの魔法使いに関するトリビアの紹介です。

映画にもなったりしているので、ほとんどの方がオズの魔法使いの話を知っていると思うのですが、実はオズの魔法使いという物語は19世紀末のアメリカの金融政策に関する寓話だったのです。

どうでしょう?驚きましたか?

僕は初めてこのトリビアを知った時、素直に「へぇ〜」と思いました。
ですので、僕のように「へぇ〜」と思った方は、素直に「へぇ〜」と言いながら、我慢せずに下のバナーを一回だけでいいので、遠慮せずにクリックしちゃってください。


それで、このトリビアについての詳細を書こうと思ったんですけど、探してみたら詳しく書かれているサイトがいくつかあったので、詳細を知りたい方はそちらを参考にしていただきたいと思います。

Taejunomics
北米総領事便り
経理主婦のつぶやき日記

それと、僕はこの本を読んでいた時に、このことを初めて知りました。
いろんな事例が挙げられながら説明されていてわかりやすい本だと思います。

ところで、オズの魔法使いの登場人物がそれぞれなにを象徴しているのか、評論家の解釈は完全には一致していないそうですが、この本にもひとつの解釈が載っていたのでそれを紹介しておきたいと思います。

ドロシー:伝統的なアメリカの価値
犬のトト:禁酒党(Teetotalersはその別称であり、「トト」とつながる)
かかし:農民
ブリキのきこり:工業労働者
臆病なライオン:ウィリアム・ジェニングズ・ブライアン
マンチキン:東部の市民
東の悪い魔女:グローヴァー・クリーヴランド
西の悪い魔女:ウィリアム・マッキンリー
魔女:共和党議長のマーク・ハナ
オズ:金の単位であるオンスの略号(OZ)
黄色いレンガの道:金本位制

オズの魔法使いの映画は見たことありますが、こういう事実をしるとまた見たくなりますね。
しかし、オズの魔法使いを語る上で欠かせないドロシーの靴は、映画関係者がこの事実に気づいてなかったため銀色ではなくルビー色の靴を履いているのだそうです。

もしも、現代版オズの魔法使いでもあったら、脳が欲しい「かかし」、心が欲しい「ブリキの木こり」、勇気が欲しい「ライオン」に加えて、職が欲しい「ニート」なんてのが仲間に加わったりするのですかね〜。

最後になりますが、オズの魔法使いは中国語で「緑野仙踪」っていいます。




カテゴリー:考え事 

ケイタ at 23:39コメント(0)トラックバック(1) 





〓〓〓〓〓〓〓〓参加中のブログランキング〓〓〓〓〓〓〓〓

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 中国関連ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング JRANKBLOG blogram投票ボタン アジア在住の日本人によるブログ ブログ王



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ニッポンテレビ

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. オズの魔法使い  [ 1-kakaku.com ]   2006年12月20日 02:13
愛犬トトと一緒に竜巻に巻き上げられ、魔法の国へと迷い込んでしまった少女ドロシーが、「脳みそのないかかし」「ハートのないブリキのきこり」「勇気のないライオン」らとともに繰り広げる冒険の旅。アカデミー賞作曲・主題歌賞&特別賞を受賞の、映画史上に残るミュージ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
とても注目しています
クリックで救える命がある。
livedoor プロフィール
Twitter
Follow keitahorses on Twitter

Amazon.co.jp
ウィッシュリスト
fxwill.com
ブログパーツ
あわせて読みたい